「水」について楽しく学ぼう!

サントリー天然てんねん水ができるまで

ナチュラルミネラルウォーターである「サントリー天然てんねん水」は、地下深くからくみ上げた天然てんねんの水からできています。水源すいげんがちがう「サントリー南アルプスの天然てんねん水」と「サントリー奥大山おくだいせん天然てんねん水」、「サントリー阿蘇あそ天然てんねん水」の3つの種類しゅるいがあります。「サントリー南アルプスの天然てんねん水」をれいに、「サントリー天然てんねん水」ができるまでを、しょうかいします。

1. 「サントリー南アルプスの天然てんねん水」はどうやってつくっているの?

<ア. 原料げんりょうとなる水>

山梨やまなし県の白州はくしゅう工場で地下深くからくみ上げる水は、もとをたどれば、南アルプスの山やまにった雪や雨です。雪どけ水や雨は、長い年月をかけて山の地中深くにしみこみ、自然しぜんにろされ、キレのよい、すっきりとしたおいしい天然てんねん水になります。

サントリーの「安全せい科学センター」では、工場でくみ上げる水について、定期的ていきてきにその品質ひんしつを分せき、研究をして、おいしさと安全せいたもっています。

南アルプス・甲斐駒(かいこま)ケ岳(たけ)
南アルプス・甲斐駒かいこまたけ

<イ. ろさっきん>

工場のしき地内にある、い戸からくみ上げられた水は、工場まで、まったく外の空気にふれることなく運ばれていきます。外の空気にふれると、水のしつわってしまうからです。

工場へ運ばれた水は、とてもきめの細かいフィルターを通って、ろされ、さっきんされます。

ミクロフィルター
細かいフィルターでろされる

<ウ. ボトリング(水をボトルに入れる)>

白州はくしゅう工場では、きん環境かんきょうたもったクリーン・チャンバー内で天然てんねん水がボトリングされます。設備せつび内は、医薬品を製造せいぞうする環境かんきょうと同じレベルの清浄せいじょう度をたもっています。また中身だけではなく、ペットボトルの製造せいぞうやキャップのさっきん・清浄せいじょうも、きん環境かんきょうで行うことで、品質ひんしつ管理かんり徹底的てっていてきに行っています。

クリーン・チャンバー
クリーン・チャンバーでボトリング

<エ. 検査けんさ

できあがった製品せいひんは、官能検査員かんのうけんさいんばれる人が水のとう明度・におい・味・したざわりなどをたしかめ、きびしくチェックします。その他にもきびしい検査けんさをたくさん通りぬけて、はじめて「サントリー天然てんねん水」は出荷されていきます。

官能検査員(かんのうけんさいん)
官能検査員かんのうけんさいんきびしいチェック

2. 自然しぜんの水を守ることから始まる

「サントリー南アルプスの天然てんねん水」原料げんりょうとなる水の、い戸周囲しゅうい環境かんきょうを守り、自然しぜんのままの水質すいしつたもっていくために、白州はくしゅう工場の周囲しゅういやく82万平方メートル(やく25万つぼ)の土地を所有して、安全な環境かんきょうを守っています。また工場の水源涵養すいげんかんようエリアでは、地下水を育むための森、サントリー「天然てんねん水の森 南アルプス」を設定せっていして、森林整備せいびを進めています。自然しぜんの水のおいしさをそのままに、安全に、飲む人びとへとどけるために、サントリーでは自然しぜんを守っていくことから始めているのです。(くわしくは、「保護ほご」の中の「水と森を育む活動」を読んでください→)

サントリーのナチュラルミネラルウォーター「サントリー天然てんねん水」は、自然しぜんの水のおいしさを大切にしながら、きびしい品質ひんしつ管理かんりのもと、つくられているんだね。

このページの先頭へ

  • 環境かんきょう」の16 / 16