• 安全面への配慮

    安全面への配慮

    「森と水の学校」の運営体制

    当日は、グループに分かれ、各グループ単位で活動し、講師が、集合から解散まで共に行動します。
    講師のほか、全体の安全を管理するサポートスタッフ・看護師も同行します。

    万一の場合に備え、当社で普通傷害保険に加入します。
    近隣の病院や消防署との連絡体制も万全を期しています。

    サントリー
病院・消防署
現地スタッフ)

    事前準備

    参加者の皆さんが安心して活動にご参加いただけるよう、実施前には何度も現地の下見を行い、前日は必ずコース状況、天候を確認しています。
    スタッフは毎年、プログラムに応じた安全講習や救命講習を受講しています。

    緊急時対応

    プログラム中はAED(自動対外式除細動器)を携行しております。なお、万一の場合は、近隣の病院や消防署にすみやかにご連絡し、対応します。

    天候や自然の環境変化に対応し、安全確保が困難と判断した場合は、実施場所やプログラム内容を変更することがあります。