「水」について楽しく学ぼう!

水のリラックス効果こうか

水の音を聞いたり、水のある風景ふうけいを見てほっとしたことがありますか? 水には人びとをリラックスさせる力があると言われています。ここでは水のリラックス効果こうかとはどのようなものなのか、世界の人びとが「いやしの水」をどのように利用りようしているのかを見てみましょう。

1. 水が持つリラックス効果こうか

人びとをいやす水
人びとをいやす水

<ア. 飲む水>

たとえば夜少しイライラしていてねつけないときに、コップ1ぱいの水を飲むと、リラックスしてねむれるようになると言われています。また、きんちょうしているときに水を飲んでひと息入れる、というのもよくあることです。これは、水に気持ちをしずめる効果こうかがあるからといわれています。イライラしたりきんちょうしたりしているときは、体の水分が不足ふそくしていることが多いとも言われています。

<イ. 聞く水>

せせらぎの音や波の音、しずかな雨音など、水の音を聞くと心がいやされるという人は多いのではないでしょうか。わたしたちはせせらぎの音を聞くだけで、すずしげなイメージ、清潔せいけつなイメージなどをえがいて、気持ちよくなることができるのです。このような、水のよいイメージが、リラックス効果こうかを生むと考えられています。

<ウ. 見る水>

海や川をながめたり、都会の公園でふん水を見つめたり──水を見ることで安らいだ気持ちになることができます。最近さいきんでは、水場のある公園がつくられたり、川沿いに遊歩道がつくられたりと、人が水を見てリラックスできる場所が考えられるようになってきました。見ると同時に、水の音を聞いてリラックスすることもできます。

<エ. つかる水>

温かいお湯につかる「入浴にゅうよく」は、日本にほんでは毎日の習慣しゅうかんになっています。あついお湯(42度くらい)に入ると気分をひきしめる効果こうかがあり、ぬるめのお湯(38度〜40度)に入るとリラックスする効果こうかがあります。

2. 海外の温泉おんせん保養地ほようち

世界の名高い温泉おんせん保養地ほようちには、「いやし」をもとめて、遠くからたくさんの人びとが集まります。

<ア. バーデンバーデン(ドイツ)>

バーデンバーデン
高級保養地ほようちバーデンバーデン

やく2000年前、ローマぐんによって源泉げんせんが発見され、浴場よくじょうがつくられました。今では、長期間たいざいする客をあきさせないためにコンサート、カジノ、テニス、乗馬、サイクリング、高級ブティックなど、心身ともにリラックスするためのプログラムが用意されている、ぜいたくな温泉地おんせんちになっています。

浴場よくじょうの1つ、「フリードリッヒ浴場よくじょう」は、サウナ、マッサージ、蒸気浴じょうきよく温泉浴おんせんよく、ジェットよく、休息室などの部屋があり、順番じゅんばんやく2時間かけてゆっくりと体験たいけんしていくようになっています。もう1つの「カラカラ・テルメ」には屋内外にさまざまなプールやジャグジーなどがあり、サウナも用意されています。

<イ. テルマール(ハンガリー)>

ハンガリーは温泉おんせんの国です。数多い温泉おんせんのうち、テルマール温泉おんせんは、やく6ヘクタールのしき地の中に、レジャー用の波のおこるプールがあり、スポーツ・レジャー感覚かんかく温泉おんせんを楽しむことができます。

<ウ. ソチ(ロシア)>

やく150キロメートルにわたり広がるロシアの代表的だいひょうてき大保養地だいほようちで、スターリンを始め、ソビエトれんぽう・ロシアの昔からの指導者しどうしゃたちべっそうがあります。70ほどのサナトリウム(長期てきなりょうようのためのしせつ)と200か所ほどの保養ほようせつ、中心地にはリビエラ公園があり、木ぎと花があふれる場所です。

<エ. イスキア(イタリア)>

イスキアは島で、島のいたるところから温泉おんせんがわきだしています。「ポセイドン」とばれるきょ大な温泉おんせん公園は、やく5ヘクタールのしき地内に水温のちがう大小さまざまな温泉おんせんプールがあり、打たせ湯、ね湯、歩行浴ほこうよくなどもあります。

水には、人をいやす力があって、人びとはその「いやし」をもとめて、水のある場所や温泉地おんせんちに足を運ぶんだね。

【参考文献】

 ・NPO法人健康と温泉フォーラム(http://www.onsen-forum.jp)

 ・バーデンバーデン公式サイト(http://www.baden-baden.de)

このページの先頭へ

  • 地域ちいき」の16 / 17