「水」について楽しく学ぼう!

体の中での水分のはたら

わたしたちの体は、こどもでやく70パーセント、大人の人でやく60パーセント〜65パーセントが水でできています。体になくてはならない水のうち、血液けつえきとあせのはたらきを見てみましょう。

1. 血液けつえきも水でできている

血液(けつえき)の働(はたら)き
血液けつえきはたら

血液けつえきは、体のすみずみまで栄養えいよう酸素さんそを運びとどけ、また体中からいらなくなったものを外に出すために運んでくる、という大切なはたらきをしています。

たとえば、体重が60キログラムの人だと、血液けつえきりょうやく4.5リットルです(体重のやく13分の1が血液けつえき)。そのうち1.5リットルの出血があると、体の中に栄養えいよう酸素さんそが運ばれなくなり、命があやうくなってしまいます(血液けつえきやく3分の1をうしなうと危険きけん)。

そんな大切な血液けつえきの、半分以上いじょうが血しょうという液体えきたいでできています。そして、血しょうのほとんどが水でできています。体に必要ひつよう栄養えいよう酸素さんそは、この水分にのせて運ばれているのです。

2. 体温を調節ちょうせつする水「あせ」

あせの働(はたら)き
あせのはたら

わたしたちのふだんの体温は36度〜37度くらいで、暑い夏に気温が5度上がったとしても、体温が同じように上がることはありません。体温がたった2〜3度でも上がったら、人間は病気になり、もっと上がると命の危険きけんにさらされます。

体は、体温が上がりすぎないように、調節ちょうせつをしているのです。暑いと、あせをかきますね。あせをかいてぬれたところは、ひんやりするでしょう? あせをかくことで、体のねつをうばい、体温を下げているのです。

3. 水分を取ることの大切さ

暑いときは、あせをかいて体温を調節ちょうせつしているから、それでよい、というわけにはいきません。あせをかいたということは、体から水分が出ていってしまったということです。体の中の水分が足りなくなると、だっ水しょうじょうが起こったり、熱中ねっちゅうしょうになってしまったりします。

じっとしていても口やひふから水分は出ていきます。あせをかくとさらに体の中の水分がなくなってしまいます。健康けんこうな体のはたらきのためには、体が水不足ぶそくにならないよう、1日の中でこまめに水分を取ることが大切です。

水は、体の中で、命にかかわる大切なはたらきをしているんだね。

【参考文献】

 ・桜木晃彦/著 『からだのしくみがわかる本』 新星出版社

 ・鈴木宏明/著 『水のはてなQ&A55』 桐書房

 ・奈良昌治/著 『水でやせる』 新講社

 ・『水と健康』 女子栄養大学出版部

 ・「健康医学」(http://www.kenkoigaku.or.jp/)

 ・「熱中症のホームページ」(http://www.heat.gr.jp/index.html)

 ・播磨裕・岡野正義・山崎岳/編著 『水の総合科学』 三共出版

 ・高橋裕 他/編 『水の百科事典』 丸善 1997

このページの先頭へ

  • 「生命」の6 / 7