「水」について楽しく学ぼう!

水の飲み方、味わい方

わたしたちの体は、こどもでは体重のやく70パーセント、大人ではやく60パーセント〜65パーセントが水でできています。毎日水分を取らなければ、生きていけません。健康けんこうな体でいるためには、どのように水を飲むといいのでしょうか。

1. どうして水を飲まなくてはいけないの?

体の中の水は、体に必要ひつよう栄養えいよう酸素さんそを運んだり、いらなくなったものを運んでてたり、体温を調節ちょうせつしたりと、人が生きていくために大切な役目をたしています。

体からは毎日、にょう、あせ、息、ひふなどを通して水分が出ていってしまうので、うしなわれた水分を毎日おぎなわなければなりません。

体から1日に出ていく水のりょうやく2.3リットル。食べ物から1日やく600ミリリットル(=やく0.6リットル)、代謝水たいしゃすい※としてやく200ミリリットル(=やく0.2リットル)の水分が取れるので、のこりのやく1.5リットルは飲みものを飲んでおぎなうことになります。

体から出る水(やく2.3リットル)− {食べ物の水分(やく0.6リットル)+代謝水たいしゃすいやく0.2リットル)}= 飲まなければならない水(やく1.5リットル)

代謝水たいしゃすいとは・・・ 体の中で食べたものをエネルギーにえるときにできる水のこと。

2. 1日の中で、いつ水を飲むとよいの?

健康けんこうな体でいるためには、いつ、どのくらいのりょうの水を飲むとよいのでしょうか。絵は、水を飲むタイミングとしてよいとされているれいです。

水を飲むタイミング
水の飲みかた

  •  一度にたくさん飲むのではなく、コップ1ぱいの水をこまめに飲むとよい
  •  つめたすぎない水がよい
  •  水を飲むタイミングが大事

次にそれぞれをくわしく見ていきましょう。

<ア. 朝起きたとき>

わたしたちはねている間にも水分をうしなうので、水が必要ひつようです。

<イ. 運動をするとき>

だっ水しょうじょうを起こさないように、運動中にうしなわれるミネラルや水分を少しずつ取り入れる必要ひつようがあります。のどがかわく前に、コップ1ぱいずつの水をこまめに飲むとよいでしょう。

<ウ. おふろの後>

おふろに入るとあせをかくので、水分をおぎないましょう。

<エ. ねる前>

ねている間にも水分をうしなうので、水不足ぶそくになるのをふせ必要ひつようがあります。ただし、ねている間は胃腸いちょうがあまり活動しないので、ねる直前に水を飲むのはさけましょう。

水はコップ1ぱいずつ、こまめに飲むほうがいいんだね。

【参考文献】

 ・早川光/著 『ミネラルウォーターガイドブック』 新潮社

 ・井上正子/監修 『ミネラルウォーターブック』 新星出版社

 ・河野友美/編 『新・食品辞典11 水・飲料』 真珠書院

 ・谷腰欣司/著 『トコトンやさしい水の本』 日刊工業新聞社

 ・チームO2/編 『トレーニング効果をアップするスポーツ生理学の基礎知識』 山海堂

 ・NPOライフサポート協会/著 大島義彦/監修 『子どものスポーツ医学入門』 山海堂

 ・南山堂医学大事典

 ・山崎昌廣 他/編 『人間の許容限界事典』 朝倉書店

 ・糸川嘉則/編 『ミネラルの事典』 朝倉書店

このページの先頭へ

  • 健康けんこう」の1 / 4