「水」について楽しく学ぼう!

サントリー製品せいひんに使う水

サントリーは、飲みもののおいしさを追求ついきゅうするために、水にてっていしてこだわっています。製品せいひん原料げんりょうになる水には、水にふくまれるさまざまなミネラルが他の原料げんりょうにえいきょうをあたえ、味わいを引き出す、という大切な役割やくわりがあります。ここでは、サントリーがどのようなこだわりをもって水をえらんでいるかを、しょうかいします。

1. 清涼飲料水せいりょういんりょうすいと水

サントリーの清涼飲料水(せいりょういんりょうすい)と水
サントリーの清涼飲料水せいりょういんりょうすいと水

清涼飲料水せいりょういんりょうすいでは、原料げんりょうをとかしたり、味を整えたりするために水が使われています。飲みものの大部分が水ですから、その水質すいしつ製品せいひん品質ひんしつに大きくえいきょうします。たとえば、水に鉄やマンガンがふくまれると金属きんぞくのような味になってしまったり、色がわってしまったり、ちんでん物ができてしまったりするのです。

炭酸飲料たんさんいんりょうをつくるのによい水や、日本全国どこでも同じ品質ひんしつ製品せいひんをつくるために必要ひつような水もあります。製品せいひんによっては天然水てんねんすいを使用したり、純水じゅんすいを使用したりして、その製品せいひんとくちょうを最大限さいだいげんに引き出すようにしています。

2. ウイスキー、ビールと水

サントリーのウイスキーやビールの味わいにも、水が大きな役割やくわりたしています。その水は、おいしいことはもちろんですが、こうやこう母が活動しやすくなるよう、ミネラルがバランスよくふくまれていなければなりません。

ウイスキーの「山崎やまざき」は、16世紀せいき千利休せんのりきゅうが茶を点てた京都きょうとこう外の山崎やまざきの名水で、「白州はくしゅう」は「サントリー天然水てんねんすい(南アルプス)」でもおなじみの南アルプスの名水で仕こまれています。また、日本国内でつくられているビールや発泡酒はっぽうしゅは、すべて天然水てんねんすい100パーセントで仕こんでおり、工場は、おいしくミネラルバランスのよい水がれる場所をきびしくえらんで、てられています。

おいしい飲みものをつくるためには、その飲みものにぴったりの水えらびが大切なんだね。サントリーはどのような飲みものも、水にこだわって、それぞれにふさわしい水をえらんでいるんだ。

このページの先頭へ

  • 健康けんこう」の4 / 4