「水」について楽しく学ぼう!

水の種類しゅるい 

みなさんの身の回りには、たくさんの飲みものや、しょう油やすなどの液体えきたい調味料ちょうみりょうがあります。水にじゅうなどがとけたもの(清涼飲料水せいりょういんりょうすい)、水にアルコールがとけたもの(酒)、水に塩分えんぶんや、大豆を発こうさせてできた成分せいぶんがとけたもの(しょう油)など、これらはみんな水ようえきなのです。

1. 酸性さんせい中性ちゅうせい・アルカリせい

水ようえきは、中にとけているものによって性質せいしつ変化へんかします。水ようえき性質せいしつは、酸性さんせい中性ちゅうせい、アルカリせいの3種類しゅるい分類ぶんるいされます。学校の理科の実験じっけんで、リトマス紙を使って色をくらべたことはありませんか? リトマス紙は、その液体えきたい酸性さんせいかアルカリせいかを調べるために使います。

この性質せいしつを決めるのがpH(ピーエイチ)という指標しひょうです。その単位たんいが、pH(ピーエイチ)という単位たんいです。身近な水ようえきをpH(ピーエイチ)というものさしで見てみましょう。

pH(ピーエイチ)は数字が小さいと強い酸性さんせいで、数字が7に近づくにつれて、酸性さんせい性質せいしつは弱くなり、7で中性ちゅうせいになります。7をぎて数字が大きくなるにつれてアルカリせい性質せいしつが強くなります。

身近なもののpH(ピーエイチ)をあげてみましょう。

酸性(さんせい)・中性(ちゅうせい)・アルカリ性(せい)
酸性さんせい中性ちゅうせい・アルカリせい

  •  す pH(ピーエイチ) 2〜3 酸性さんせい
  •  水道水  pH(ピーエイチ) 5.8〜8.6 弱酸性じゃくさんせい〜弱アルカリせい
  •  人間の体液たいえき pH(ピーエイチ) 7.4 弱アルカリせい
  •  人間の胃液いえき pH(ピーエイチ) 1.2〜2.5 酸性さんせい
  •  せっけん水 pH(ピーエイチ) 7〜10 アルカリせい

2. やわらかい水とかたい水!?

「水にかたいとか、やわらかいとかってあるの?」と、不思議ふしぎに思う人もいるでしょう。水のかたい、やわらかいは、手でさわってわかる感じをいうのではありません。水にふくまれている成分せいぶんりょうを表す言い方なのです。

水にふくまれるカルシウムとマグネシウムが少ない水を「やわらかい水(軟水なんすい)」といい、多い水を「かたい水(硬水こうすい)」といいます。それを「こう度」という数値すうちで表します。いくつ以下いか軟水なんすいで、いくつ以上いじょう硬水こうすいかについては、いろいろな考え方がありますが、サントリーでは1つの目安として、次のように分けています。

  •  こう度0〜100  軟水なんすい
  •  こう度101〜300 中硬水ちゅうこうすい
  •  こう度301以上いじょう 硬水こうすい
    水の中にとけているミネラル成分せいぶんは、主に山や大地をつくっている岩石の成分せいぶんです。岩石の成分せいぶんが、どうして水の中に入るのでしょうか。

 1) 山や大地にった雨が地面にしみこむ

 2) 土から、すなと岩のそう、さらにその下の大きな岩のそうまで、ゆっくりしみこむ

 3) しみこむとちゅうで、岩の成分せいぶんを少しずつとかしながら進む

 4) 水の中に岩石の成分せいぶんが少しずつ入る

 5) 長い時間をかけてミネラル成分せいぶんがとけこみ、ミネラルウォーターとしてくみ上げられる

カルシウムやマグネシウムは岩石の成分せいぶんですが、わたしたち人間の体にも必要ひつような大切な成分せいぶんです。

日本の水のこう度はおよそ20〜60の間に入り、軟水なんすいばれるものがほとんどです。ヨーロッパなどの大陸たいりくでとれた水はこう度301以上いじょう硬水こうすいがほとんどです。

日本で軟水なんすいが多いのは、次のような理由があります。

  •  山と海が近く、けいしゃが急な地形です。大陸たいりくの水にくらべると、岩石とふれる時間が短いので、成分せいぶんの少ない軟水なんすいになります。
  •  火山の活動によってできた場所が多く、地層ちそうの多くは主に火成岩かせいがんでできています。そして多くの火成岩かせいがん主成分しゅせいぶんはケイさんばれる物質ぶっしつで、カルシウムやマグネシウムをあまり多くふみません。そのため、こう度のひく軟水なんすいになるのです。

反対にヨーロッパなどの大陸たいりく硬水こうすいが多いのは、次のような理由です。

  •  山と海が遠くはなれていて、ゆるやかな地形をゆっくり水が移動いどうします。それだけ岩石とふれる時間が長いので、成分せいぶんをたっぷりとかしこんで、硬水こうすいになるのです。
  •  ヨーロッパには、大昔海にあった貝がらや魚のほねがたくさんふくまれた地層ちそう石灰岩層せっかいがんそう)が広く分布ぶんぷしています。貝がらやほねにはミネラルがたくさんふくまれているので、地層ちそうもミネラル分が多くなるのです。

軟水(なんすい)・硬水(こうすい)と地形
軟水なんすい硬水こうすいと地形のかかわり ※ミネラルは、水にとけているので実際じっさいは見えません。

水にもいろいろな種類しゅるいがあるんだね。水の中にとけている成分せいぶんは、その水がどのような土地を通ってきたかを教えてくれるものなんだ!

【参考文献】

 ・都田昌之/監修 日本産業洗浄協議会/編 『初歩から学ぶ機能水』 工業調査会

 ・久保田昌治・野原一子/著 『わかりやすい浄水・整水・活水の基礎知識』 オーム社

 ・谷腰欣司/著 『トコトンやさしい水の本』 日刊工業新聞

 ・J.Eアンドリューズ P.ブリンゴリム T.D.ジッケルズ P.S.リス B.J.リード/著 渡辺正/訳 『地球環境化学入門』 シュプリンガー・フェアラーク東京

 ・榧根勇/著 『地下水の世界』 日本放送協会出版

このページの先頭へ

  • 種類しゅるい」の1 / 3