レベル1

水がつくりだすアート 水の力でふしぎお絵かき

絵の具やぼくじゅうを水面に広げて、つまようじで水面をかきまぜよう!曲線だけのふしぎなマーブルもようができるよ。

用意するもの

  • カラーマーブリング用の絵の具画材がざい屋や文ぼう具店に売っている)
  • 台所用バット
  • 画用紙(バットよりひと回り小さいサイズのもの。つやがなく、表面がつるつるしていない紙)
  • つまようじ
  • 食器しょっきせんざい
  • ティッシュペーパー
  • コップやプリンカップ

とじる

  • 実験じっけんは水がこぼれてもいい場所でやりましょう。
  • 実験じっけんに使った水は飲んではいけません。

ふしぎなもようをつくろう!

ふしぎなもようができるかためしてみる

台所用バットに3分の1くらい水を入れる。

水面が動かなくなったら、マーブリング用絵の具をふくませた筆で水面にふれる。

ポイント

筆の先だけをつける。

つまようじの先に、水でうすめたせんざい(せんざい1に対して、水10くらい)をつけ、水面に広がっている絵の具のまん中に軽くふれる。
いっしゅんで絵の具のが広がるので、さらに、そのつまようじでひっかくようにかきまぜて、もようをつくる。

2色以上いじょうで作るときは、せんざいをつけて1つめの絵の具のを広げたら、次の色の筆を水面につける。 もう一度、せんざいをつけたつまようじで軽くふれる。
最後さいごにそのつまようじでひっかくようにまぜて、きなもようをつくる。

実験がうまくいかない時はこちら

気に入ったもようができたら、画用紙を軽くおし当ててもようを写し取る。

新聞紙などの上にいて、ティッシュペーパーで余分よぶんな水や絵の具をすい取る。

ポイント

ティッシュペーパーで、軽くぽんぽんとたたく。

よくかわかしてできあがり。

画用紙のかわりに、はがきを使ってもいいよ。オリジナルはがきを作って、お友だちや先生に手紙を出してみよう!!

「なぜ?どうして?」のページへ

どうしていっしゅんでができるのかな?ができるひみつを見てみよう!

やってみよう!水の自由研究