サントリー「水育」参加者20万人突破! サントリー「水育」参加者20万人突破!

サントリー次世代環境教育「水育(みずいく)」の累計参加者が2021年8月に20万人を突破しました。

「水育」は2004年に開始し、今年で18年目となります。子どもたちが、水や、水を育む森や自然の大切さに気づき、未来に水を引きつぐために何ができるのかを考える、サントリー独自のプログラムです。親子で自然体験を行う「森と水の学校」と、小学校で行う「出張授業」のふたつの活動を展開しています。

「森と水の学校」リモート校(8月29日)

2020年からはオンラインでの活動も開始し、より多くの地域の方々にご参加いただけるようになりました。そしてこの度、自宅から参加できる自然体験「森と水の学校」リモート校(8月29日実施分)をもって、累計参加者20万人を突破しました。

サントリーは、水や自然の恵みを製品に生かし、お客様にお届けしています。「水と生きる」を社会との約束に掲げ、美しい水を未来へとつなぐ取り組みを行っています。私たちの活動や製品を応援してくださるお客様と、サントリー製品の生命線である水、それを育む自然。それぞれへの感謝を忘れずに、今後も「水育」活動を通じて次世代を担う子どもたちに「水や自然の大切さ」を伝えていきます。

このページに掲載している写真は、
2020年1月以前に撮影したものを含みます。

「森と水の学校」(2020年からオンラインでも実施)
「出張授業」(2020年からオンラインでも実施)