水について きいてみよう!

イワナにきいてみよう!

じょう水場の仕組み
下水がきれいになるまで
節水せっすい工夫くふう
水をよごさない工夫くふう

わくわく大百科を見る

水をきれいにする仕組み・じょう水

川や貯水池ちょすいちなどから取った水を、きれいで安全な水にするのがじょう水場です。じょう水場では、どのようにして水をきれいにしているのでしょうか、その仕組みを見てみましょう。

1)よごれのつぶをしずませる・ちんでん
細かい土やすなを、薬を使って大きなつぶにしてしずませます。

2)ろする
1)である程度ていどきれいになった水を、細かい砂利じゃりすななどをしきつめたところにしみこませて、にごりやさいきんをとります。ろをゆっくり行うとすな砂利じゃりにくっついたび生物により細かいよごれも分解ぶんかいすることができます。

3)消毒しょうどくする
わたしたちの家まで、きれいで安全に水がとどくように、塩素えんそを用いて消毒しょうどくします。これによりさいきんのはんしょくをふせぎます。

4) より高度な処理しょり方法ほうほう
さらに水をきれいで安全にするために、高度な処理しょり方法ほうほう採用さいようしているじょう水場もあります。においやせんざいにふくまれる成分せいぶん、トリハロメタンとばれる有害物質ゆうがいぶっしつなどを活性炭かっせいたんという炭に吸着きゅうちゃくさせる方法ほうほうがあります。他にも、オゾン、生物、まく、し外線を使って水を安全にする方法もあります。

わくわく大百科を見る

下水がきれいになるまで

わたしたちが家や学校で使った後の水、工場から流れる水、道路などから下水管げすいかんに流れこんでくる雨をまとめて、「下水」とんでいます。

1)生活はい水
わたしたちの家から出る水、学校やオフィスビル、お店などから出る水を合わせて生活はい水とびます。生活はい水にはトイレ、洗面所せんめんじょ、台所、ふろ、せんたくで使った水、ビルのれいぼうに使われた水などがあり、これらははい水口を通って下水管げすいかんへ流れこみます。

2)工場はい水
工場で利用りようされてよごれた水は国や地域ちいきで定められた基準きじゅんたすように工場内や工場団地だんちできれいにされた上で下水管げすいかんへ流れこみます。

3)雨水
屋根や道路などにった雨は道路のわきにあるはい水口などを通って下水管げすいかんへ流れこみます。

4)下水管げすいかん処理場しょりじょうへ運ぶ
下水管げすいかんへ流れたよごれた水は処理場しょりじょうへと運ばれます。お水(生活はい水や工場はい水)、雨水を合わせて処理場しょりじょうへ運ぶ下水道げすいどう合流式下水道ごうりゅうしきげすいどうといいます。お水と雨水とを分けて、お水だけを処理場しょりじょうへ運び、雨水を河川かせんや海へ運ぶ下水道げすいどう分流式下水道ぶんりゅうしきげすいどうといいます。

5)水をきれいにする・処理場しょりじょう
よごれやごみを取りのぞいて、消毒しょうどくして、川や海に流しても大じょうな水にします。

6)旅のゴール・川や海へ
きれいになった水は、川や海へ放流されます。
多くの下水は下水処理場しょりじょう処理しょりされますが、工場はい水の一部には工場内できれいにされて川に直接ちょくせつ流されるものなどもあります。

わくわく大百科を見る

食べ物による水のよごれ

みそしるやラーメンののこり、牛乳ぎゅうにゅうなどを、台所の流しに流してしまっていませんか?もし、よごれた水を、そのまま川に流した場合、川の魚がすめるくらいのきれいな水にもどすには、たくさんの水が必要ひつようになります。いったいどのくらいの水が必要ひつようなのでしょうか。

よくそう1ぱいを200リットルとして、計算したものです。

  • ・しょうゆ大さじ1ぱい(15ミリリットル)……やく660リットル(よくそう3.3ばい分)
  • ・みそしる1ぱい(200ミリリットル)……やく1,600リットル(よくそう8はい分)
  • 牛乳ぎゅうにゅうコップ1ぱい(180ミリリットル)……やく2,800リットル(よくそう14はい分)
  • ・天ぷら油(500ミリリットル)……やく150,000リットル(よくそう750ぱい分)
  • ・ラーメンのしる(300ミリリットル)……やく1,600リットル(よくそう8はい分)
  • ・ビール1ぱい(180ミリリットル)……やく3,200リットル(よくそう16ぱい分)

(水大事典だいじてん、水と水質すいしつせんより)

きれいな水にもどすには、大変たいへんりょうの水が必要ひつようなのです。実際じっさいには下水処理場げすいしょりじょうやじょう化そうによって、よごれた水はうすめる以外いがい方法ほうほうである程度ていどきれいにすることができます。しかし、その力にも限界げんかいがあるので、できるだけ食べ物によるよごれをらすことが必要ひつようです。

わくわく大百科を見る

水をよごさないためにできること

水をできるだけよごさないようにすることは、川の水を守ることになります。
わたしたちに、どのような工夫くふうができるでしょうか。

  • ・ 食べ物のくずや食べのこしは、くず取りネットなどで回収かいしゅうして、流さないようにする。
  • 食器しょっきやなべのひどいよごれや油は、紙などでふいてからあらうようにする。
  • ・ みそしるやめんつゆは、のこしててることのないりょうをつくるようにする。
  • ・ 使えなくなった油は、紙でふき取ったりかためたりして、流しには流さないようにする。
  • せんたくに、糸くずやほこりを取るネットをけるようにする。
  • ・ できるだけ洗ざいを使うりょうらす。

わくわく大百科を見る

水をよごさないための取り組み

工場で使われた水は、川や下水道に流されます。工場から流す水をきれいにすることが、水環境かんきょうをよごさないために一番大切なことです。

水をよごさないために、工場から出る水には国によってきびしいルールがつくられています。サントリーの工場では、それよりもさらにきびしいルールをつくり、それを守るようにしています。また、それがきちんと守られているのか、工場から出た水をきれいにする機械きかいをいつもチェックし、出た水の成分せいぶんを調べ、大きな工場では、専門家せんもんか管理かんりしています。

サントリーの工場から出る水のよごれは、植物から出てきた成分せいぶんが中心です。麦や果物くだものなどの農産物のうさんぶつを主な原料げんりょうにしているためです。このようなよごれは、び生物の力によって分解ぶんかいすることができます。サントリーではこの処理しょり方法ほうほう工夫くふうし、水をきれいにする時に発生するごみを少なくすることに成功せいこうしました。これによって、より環境かんきょうやさしく、水をきれいにすることができます。

コーヒーやお茶をつくる工場では、工場から出る水にどうしてもこれらの色の成分せいぶんのこってしまいます。サントリーでは、この色の成分せいぶんを取りのぞ装置そうちをつくりました。それによって、水をきれいにする時に発生するごみを少なくすることに成功せいこうしました。