水について きいてみよう!

ミズナラの木にきいてみよう!

わくわく大百科を見る

自然しぜんのめぐみを守る

地上にった雨や雪は、気が遠くなるくらいの長い年月をかけてゆっくりと地下にしみこみ、きれいにろされるとともに地中のミネラル成分せいぶんがとけこんでいき、地下水となります。
その地下水をくみ上げたり、わき出た地下水をくんで、ナチュラルミネラルウォーターがつくられています。
そのため、ナチュラルミネラルウォーターは「天のめぐみ」「大地のめぐみ」「大自然だいしぜんのめぐみ」などともいわれています。おいしいナチュラルミネラルウォーターをたもっていくためには、地下水をおせんしないよう、地下水を育てている自然しぜんを守っていく必要ひつようがあります。

わくわく大百科を見る

全国で森を守る活動

ゆたかな水は、ゆたかな森が育んでくれます。
サントリーでは、2003年から、全国の工場の地下水を育んでいる森を中心に、「天然てんねん水の森」と名づけた森を守り育てていく活動をおこなっています。
国や地方自治体ちほうじちたい、研究者、プロの林業家、地元の方との協力きょうりょくにより、さまざまな動植物たちがよろこぶ森づくりを進めています。
目標もくひょうは、工場でくみ上げる水のりょうより多い地下水を育むことです。

サントリーではたらく社員やその家族も、森を守る気持ちを大切にするために、地域ちいきのみなさんといっしょにえだ打ちなどの森林整備せいびのお手伝てつだいをしています。

わくわく大百科を見る

森のふかふかの土が水をためる

森や林に入ると、土がふかふかしているのに気づきます。このふかふかの土が、水をしみこませ、ためているのです。

森林の土には、ミミズ、ヤスデ、ダンゴムシなどたくさんの虫がいます。目に見えない小さな生き物もたくさんいます。木ぎから葉が落ちると、土の中の小さな虫が、葉を細かくくだいて食べ、ふんをし、土になっていきます。森林の動物の死がいやふんも、やがて森林の土になっていきます。森林の植物はこの土で成長せいちょうします。

土の中には生き物が動いていて、その動いたあとが空間になるため、ふかふかしています。森林にる水は、このふかふかな土の中にたっぷりとしみこみ、ためられていくのです。

ためこまれた水は、地下深くへゆっくりとしみこんでいき、地下水となって、少しずつ川にしみ出しています。大雨がっても、森林のふかふかの土はその多くをためこむので、一気に川へ流れていくのをふせぎます。ぎゃくに、雨がっていないときでも、土の中にためられた水が、少しずつ川へとしみ出しています。

このように、森林の土は、雨がっているときもっていないときも、川へ流れる雨のりょうを安定させる、ダムのようなはたらきをします。
そのため、森林は「緑のダム」といわれているのです。

わくわく大百科を見る

森の大地がおいしい水をつくる

森林の土にしみこんだ雨水は、土の中の空間にためこまれながら、じっくりと時間をかけて、地下へ地下へとしみこんでいきます。

その間に、土や岩の小さなすき間を通り、雨水の中のちりやよごれがとれます。また、土の中のび生物もよごれを取りのぞいて、きれいな水になっていきます。

地下深くにおりた水には、土や岩の中のミネラル(カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど)が、とけこんでいきます。そして、ミネラルをふくんだきれいな地下水ができあがるのです。