• 「森と水の学校」とは

    「森と水の学校」とは

    「森と水の学校」は、親子で参加できる自然体験プログラムです。

    「森と水の学校」は、小学校3~6年生とその保護者を対象に、「サントリー天然水」のふるさと(白州はくしゅう奥大山おくだいせん阿蘇あそ)で行う自然体験プログラムです。
    大自然の中で、森の探検や水に触れる体験を通して、水の大切さや、水を育む森や自然の大切さを体感します。

    「森と水の学校」は、2004年に開校しました。

    「森と水の学校」は、2004年に阿蘇校(熊本県)で開校され、白州校(山梨県)、奥大山校(鳥取県)と広がり、2014年に活動開始から満10年を迎えました。これまでに、26,000名を超える親子の方にご参加いただいています。(2019年現在)

    参加者累計(3校計)

    参加された保護者の方々のご感想

    白州校

    • 子どもたちとゆっくり森を歩き、生きものを発見したり、土を触ったりして自然に溶け込めた気がしました。(40代女性)
    • 森という大きな自然に触れ、その大切さを楽しみながら学ぶことができました。とてもよい体験を子どもたちにさせてあげられてよかったです。(40代男性)

    奥大山校

    • 親子で森や水について一緒に考える良いきっかけになったと思います。今回で終わりではなく、一緒に考え続けたり、何か行動できたらいいなと思いました。(30代女性)
    • 改めて水が大事な資源であること、それを守るために取り組んでいる人達がいることがよくわかりました。環境保全について子どもが興味をもってくれてよかったです。(30代男性)

    阿蘇校

    • 水がどのようにして出来るのか、その環境がいかに大切かが分かりました。水や自然や環境を大切にする心を持ち続けたいと思います。(40代男性)
    • とても充実した一日でした。子どもたちも楽しみながらもしっかり学べたし、親も改めて環境の大切さを知ることができました。(40代女性)

    安全面への配慮

    「森と水の学校」は地元で活躍する専門の講師たちと協力し、安全面に配慮して運営しています。